空き巣被害を防ぐためにガラスを強化しました

空き巣という犯罪の被害はどこを起点にして起こるかご存知でしょうか?おそらく、玄関の鍵をかけわすれていたから玄関が起点であると多くの方は考えると思います。確かに玄関からの空き巣の侵入があるのも事実ですが、多くの空き巣は玄関などという正当なルートを通ることはまずありません。それもそう、空き巣はどのような形であっても自宅に侵入できればいいわけですから、しっかりと施錠がなされているような玄関をむりやりこじ開けて入ろうとすることはまずないのです。それよりも、意外な家屋内の脆弱性の高いポイントを突いてくるのが空き巣の手口であると言えるでしょう。そしてその脆弱性の高いポイント、つまり空き巣の被害の起点となるのが、自宅の窓なのです。そう、窓のガラスはちょっとした工夫で簡単に割ることができますので、そこから比較的スムーズに空き巣は侵入することができます。このような理由から、私は空き巣被害を防ぐためにガラスを強化しました。

どのようなガラスに強化したのかというと、防犯性の高い特殊なフィルムが貼られたタイプのガラスです。強化ガラスというタイプのガラスは一般的なガラスに比べて強度は高いものの、ガスバーナーがあれば簡単に壊せるという悪い特性を持っているのでそれよりもさらに強度の高いガラスをと考えると、このフィルムのコーティングをした防犯ガラスにたどり着きました。

このタイプの強化したガラスは、かなり強い衝撃を加えても割ることがありません。それにある程度の耐熱性を持っているということもあり、強化ガラスのようにガスバーナーで割られるというリスクを防ぐことができるのも大きな特徴でしょう。

これまでは薄くて弱いガラスを使用していたので、いつ空き巣に入られるのか分からないという不安がありましたが、この強化したガラスにしてからというもの、その不安はある程度消えましたので、家を留守にする時でもかなり安心していられます。
g_059