乗り物のガラスはどうやって交換するのだろう

g_031
僕は現在高校一年生で、自宅から約30分ほどの距離にある県立の学校に通っています。中学三年の今頃は受験のことばかり気になり、勉強しかしていなかった思い出がありますが、高校に入ってしまえばひとまずはこちらのもの。僕は高校に入ってから出来た新しい友人たちと、「この冬は何をして遊ぶか」というお題でいつも盛り上がっています。
とりあえず僕たちの間で共通しているのは、「中三の勉強漬けだった一年間を取り戻そう」という意識です。僕たちの通っている県立高校は、周辺の地域では一応上から数えた方が早いレベルにあるため、そこに入るには結構な努力が必要でした。そのため、入学後初めて迎えるこの冬は、僕たちにとっては「去年のうっぷんを晴らす」という格好の機会となっているのです。

これは何も僕の周囲だけのことではありません。学校の同じ学年を見てみれば、誰しもが来るべき冬に向けて何となく浮かれているのを感じることが出来ます。結果として一年生全体が少し浮足立ち、いつもは起こらないような問題も起こしてしまう時期なのです。

先日も同じクラスにいる友人が、休み時間に校庭で走り回っていて転んでしまい、脇に停めてあった先生の車のドアガラスに突っ込んでしまうという、ちょっと信じられない事故を起こしました。
幸い友人にケガは無く、また先生の車自体もガラスが割れただけで済んで事なきを得たようで、後で本人から「いや参ったよ。でもふと思ったんだけどさ、乗り物のガラスはどうやって交換するのだろうな?」なんて余裕ぶった発言をもらいました。

しかし確かに、考えてみれば小学校時代には誰かが割った教室のガラスを交換するところを見る機会がありましたが、自動車のガラスが割れたらどう交換するかは僕も知りません。親や先生に大目玉をくらった友だちには悪いのですが、またもう一度チャンスがあったら、ぜひ車のガラス交換をするところを見てみたいと思った僕なのでした。