今度はどんなガラスに交換しようか迷っています

私の家庭では、定期的にガラスを交換するということが習慣化しています。その頻度は主に三年に一回程度であり、比較的早いスパンでの交換です。一軒家などであれば三年に一回に全ての窓ガラスを交換するとなるとなかなか大変ですし費用も多くかかってしまいますが、私の家庭は幸いというべきかはわからないですけれども賃貸アパートで窓ガラスの数もそれほど多くありませんので、交換の頻度が高くてもそれほど大きな出費ではありません。ただ、このガラスの交換の時にちょっとした問題になるのが、どのようなガラスにするか決められないということです。実際に今も、今度はどんなガラスに交換をしようか迷っています。

g_052

ガラスなんてどれも同じだから迷う必要は無いのではないかと言われてしまうかもしれませんが、最近はガラスの種類も多様化してきておりどのようなガラスにするかによって今後の生活の質も全く違ったものになります。例えばすりガラスなどのちょっとオシャレなガラスにすると部屋に華ができてとても綺麗な状態になりますし、防犯ガラスや強化ガラスなどの機能的なガラスを取り入れれば安心して暮らせるようになります。さらに二重ガラスなどに交換すれば温度変化に強い快適な空間を作り出すことができるでしょう。このようにガラスはその種類によって大きく変わりますので、どれにするか迷ってしまうことになるのも無理はないでしょう。

実際に今検討しているのは防犯性を高めたいという観点から、強化フィルムによって加工された防犯ガラスを取り入れようと考えています。かといって他のガラスの魅力にも目が行きがちなので、まだ完全に防犯ガラスに決められた訳ではありません。

こんな風にガラスの交換の際は迷ってしまうので、できれば全ての機能を兼ね備えているスーパーガラスのようなものは登場しないのだろうかと、今回のようなガラスの交換を考える時期になると毎回のように思ってしまいます。